Windows11でネットワークドライブをマップする方法

この記事では、Windows 11でネットワークドライブをマップする方法について説明します。チュートリアルに従って、Windows11でネットワークドライブをマップする方法を学習します。

Googleドライブ、Onedrive、Dropboxなど、ファイルをオンラインとオフラインで同期できるオンライン同期ソフトウェアはたくさんあります。ただし、同期ファイルを使用している場合は、実際にハードドライブにダウンロードして実行します。 このチュートリアルは、ネットワークハードドライブを追加してファイルを保存し、それらを直接開いたり実行したりするためのものです。 これにより、ディスクスペースを節約し、どこにでも移動できます。

通常、ローカルネットワークでこれらのファイルを使用する場合は、ファイルサーバーをセットアップするか、単に パーティションをローカルネットワークに共有する、それで十分です。 しかし、職場やWebサイトのスペースなど、インターネットのストレージスペースがあるとしたらどうでしょうか。 Windows 11は、ローカルディスクスペースと同じくらい便利なオンラインスペースを管理する方法を提供します。

「このPC」を右クリックし、「ネットワークドライブのマップ」を選択します

ネットワークドライブディレクトリをフォルダ入力スペースに置きます。 このネットワークドライブのドライブ文字を選択することを忘れないでください。

また、Windows 11には、ドキュメントや写真を保存するために使用できるWebサイトに接続する方法もあります。

上のスクリーンショットのリンクをクリックすると、Webサイトスペースに接続するためのウィザードが表示されます。

[次へ]をクリックします。 次に、「カスタムネットワークの場所を選択してください」

そして、共有ドライブを入力に入れます

そして、ウィザードの手順を続けていくと、「このPC」にマッピングされるWebサイトドライブが表示されます。

最初にコメントする

コメントを残す